今週の山頭火句

今週の山頭火句 大銀杏散りつくしたる大空  山頭火

俳句一草庵

 俳句一草庵とは

新しい俳句を作り続けた山頭火終焉の地「一草庵」に、新しい俳句のともし灯を消さないようにと
「山頭火俳句ポスト」を設置しました(2009年11月29日)。これを記念して、山頭火を偲ぶ吟行俳句会を開催しました、名付けて「俳句一草庵」。

“自由な心で、自然の微笑みをリズム感あふれる俳句にして、楽しんでみませんか”というキャッチ・フレーズ。
楽しみと笑いが生まれるようにと、「俳句甲子園」の要素も取り入れた山頭火版俳句甲子園”俳句一草庵”が誕生しました。

その時の吟行散策コースは、
道後温泉からくり時計 ~ 松山神社・常信寺 ~ 護国神社~ 一草庵。

<第一回俳句一草庵賞>
  • 特選  カラコロと草庵に行く冬日和       大山光子
  • 佳作  人間の匂い嫌いと冬桜          岩崎美世
  • 佳作  ふりむけば我があしあとに降る紅葉   松井光子

芭蕉の言葉「古人の跡を求めず、古人の求めたる所を求めよ」(出典は「許六離別の辞」)とあるように、山頭火の俳句にこだわるのでなく、その奥にある心を踏まえて、自分なりの自由な俳句を作ってもらいたいと考えています。


 参加方法

【場所】一草庵(松山市御幸一丁目435番地1)

☆春の俳句一草庵
毎年4月29日(祝) 事前投句による俳句会。
  • ハガキ1枚に一人2句まで。(FAXでもOK)。住所、氏名、年齢、電話。小中高生は学年を明記。
  • 有季、定型、自由律のジャンルは問いません。
  • 当季雑詠。
  • 投句料は無料。

☆秋の俳句一草庵
毎年11月23日(祝) 当日の吟行俳句会。
  • 皆さんに集まっていただき、一草庵周辺を吟行して投句。 
  • 投句された俳句を公開方式で選抜します。    
  • 2010年は、一草庵バザー(うどん、湯豆腐など)を楽しみ、JAZZの生演奏を聴いていただきながら俳句を作っていただきました。


最新の開催情報や入賞作品はこちらをご覧ください。 >> 俳句一草庵の記事一覧