今週の山頭火句

今週の山頭火句 さてどちらへ行かう風がふく  山頭火

2016年3月15日火曜日

「第11回俳句一草庵」の俳句募集中!

公開俳句大会「第11回俳句一草庵」を開催します。

山頭火終焉の地・一草庵での公開俳句ライブです。

山頭火の俳句には、こだわりません。
五・七・五であってもなくても
季語はあってもなくても OKです。
あなたの投句をお待ちしています。


公開俳句大会「第11回俳句一草庵」は、
         平成28年4月29日(祝・金)。
         (開催時間:13:00~16:00)
 松山市御幸1丁目の草庵」で開催します。



【俳句募集要項】

  ・ハガキ、FAXに1枚に一人2句まで(未発表作品)。
 ・住所、氏名、年齢、電話。小中高生は学年を明記。
 ・有季、定型・自由律のジャンルは問いません。
 ・投句用紙には、こだわりません。

 〈投句締切〉 4月13日(水) 〈投句料は無料〉

 ・各俳句賞は、一次選考の中より、当日公開選抜します。
 ・入選句は新聞に掲載、記念品あり。




 応募先】  〒799―2651
         松山市堀江町甲1615―3
         NPO法人まつやま山頭火倶楽部 

                      電話 090‐6882‐0004
                    FAX 089‐978‐5959      

  一草庵ゆかりのフランスの方、台湾の方、韓国の方、投句お待ちしています。
  メールで、お受けいたします。
      メールアドレス ta87435@yj8.so-net.ne.jp

2016年3月11日金曜日

若さ一杯の「一草庵・山頭火の日(3月10日)」でした!

3月10日、名付けて「山頭火の日」
一草庵の藪椿
若さ一杯、和気藹々、一草庵での楽しい一日。

ボランティアでたくさんの人が集まってくれました。

お餅つき、お茶会、そして愛媛大学音楽専攻の仲間たちがコンサートを開催。

「音はしぐれか、山頭火の日コンサート」です。


それでは、写真で紹介。





左:アルプスホルン 右:ファゴット
若さ一杯の演奏者たち

市川先生が、いろいろ説明をして頂き、たいへん勉強となり、

参加した課外勉強の中学生たちも、本当に喜んでくれました。


2016年3月1日火曜日

3月10日は、”一草庵山頭火の日”

眼白あんなに啼きかはし梅から椿へ

藪で赤いのは椿

梅はなごりの椿さきつづき

住みなれて藪椿いつまでも咲き

いちりん挿しの椿いちりん  

 山頭火の句です。


一草庵の白梅も枝垂れ紅梅も満開を過ぎてしまった。


3月10日は、一草庵山頭火の日。

お餅つき、お茶会、山頭火コンサートを開催します。





             山頭火終焉の地、一草庵の今日のフォトです。