今週の山頭火句

今週の山頭火句 湯けむり梅のまつさかり  山頭火

2018年4月18日水曜日

『第25回山頭火俳句ポスト賞』の発表!

『第25回山頭火俳句ポスト賞』を発表します。

山頭火俳句ポストの表彰も25回を迎えます。                 
表彰式は、四月二九日(祝・日)「俳句一草庵」開催日におこないます。
俳句ポストへ
平成29年11月1~30年2月28日に投函された句です。
                                                   
  一草庵の「山頭火俳句ポスト」に投句された俳句は、116句。
 (内、県外句は7句。) 埼玉県坂戸市、防府市、アメリカ、オーストラリア等、
  投句の中より、各選者の先生に優秀句を選んでいただきました。 




山頭火俳句ポスト大賞
風光る坂のぼりきり兜太消ゆ   松山市 田村七重
【評】金子兜太は。俳句界に大きな足跡を残し、人生を全うした人である。
「坂のぼりきり」の語でその偉業を表現している。「風光る」の季語は別
として動詞が目につくが、それでもこの一句は兜太の人生、生きざま、俳
句を讃え、偲び悼む心が伝わる句である。(本郷)

山頭火一浴一杯賞
 授かりしちんぽこの子と初湯かな    松山市 丹下恵美子


【評】明らかに山頭火が湯田温泉で詠んだ「ちんぽこもおそそも湧いてあふ
れる湯」を下敷きにしている。子供とも孫とも読めるが男の子を授かった初
湯の喜びが溢れている。山頭火への見事な挨拶句である。(小西)

山頭火柿しぐれ賞
tall winter tree leaves fall of old life
 昔の人生捨てるかに落葉し冬樹   USA Julian Martinez  
   
【評落葉し、孤高のごとく作者の眼前に聳立している冬樹。「落葉」を擬人化した「昔の人生捨てるかに」は、作者の理想とする生命の在りようそのもののようでも
 あり、泰然自若とした「冬樹」に思いの集約をみる。(白石)

小西昭夫選

【特選】
 シーツ干す冬青空の真ん中へ     松山市 渡部新子


 【評】久しぶりの冬青空にシーツを干したのだが、そのシーツは冬青空の真
ん中へ干したのだ。何とも大胆な表現だが、それが開放的で気持ちがいい。
このシーツよく陽を吸い込んだことだろう。

【入選】
秋風の玄関へ落葉を運ぶ        松山市 宮森足歩
【評】この句は十七文字だが、五七五のリズムではない。五五七、むしろ五
五四三のリズムの句と読んだ方がいいだろうか。季語も二つあるが意味は
明快。自由律の句として面白い。

白石司子選

【特選】
椿まつり金子兜太の逝く朝     松山市  亀井崇司

【評】我が師・金子兜太。4月14日・15日に開催される予定だった秩父
俳句道場への申し込みを1月初めに済ませ、指導していただくのを楽しみ
にしていたが、それを待たずに逝去されてしまった。俳句人生の象徴のよ
うな戒名「海程院大航句極居士」。
春を呼ぶはずである「椿まつり」であるが、兜太先生がお元気なうちに「海
程賞」をいただけたことが私にとってせめてもの救いであり、この句に出会
えたおかげで「椿まつり」の度ごとに師を思い出すだろう。下五「朝」で止
めたことが訃報に対する作者の驚きであり、感情をストレートに表出せずに
省略を効かせた句。

【入選】
今日は青空だったよ一草庵   埼玉県坂戸市 中川博郎

【評】一草庵、いや、山頭火に呼びかけているような句である。いろいろとあったけど「今日は青空」。そう、前向きに生きないとね!嘗て、兜太先生が「口語は俳句の幅を広げる」と言われていたが、この句も「だったよ」の口語がいい!元気印にさせる句だ。

本郷和子選 

【特選】
啓蟄やスリッパ箱は空っぽに     松山市 橋本伎代子
【評】啓蟄は、土中に冬眠していた虫たちが穴を出てくるという意味である。
 スリッパ箱が空っぽということは、スリッパをはいた人たちが皆、どこかの部屋に
 行ったということ、啓蟄の虫たちが出るように、人間にも動きがあった。
 一句は俳諧味のある句となった。

【入選】
tall winter tree leaves fall of old life
 昔の人生捨てるかに落葉し冬樹   USA Julian Martinez

  【評】「過去捨てるかに落葉する一樹」であればいい句となるが、英語で
「ウインターツリー」あるから冬樹と訳したのであろう。
季語が二つ入った点を除けばおもしろい発想の句である。

まつやま山頭火倶楽部賞
冬銀河夜間飛行の灯を飲めり      松山市 岡崎
【評】「夜間飛行の灯を飲めり」言葉にならぬ一緒の思いをすっきり
と言い切ったところに、悠久の時空を超えた大きな世界が見える。
小さな俳句の土俵の中で飛躍し過ぎる表現は作意が鼻につくが、揚句
からは写生を超えた美しさを“はっと”感じる。あの城達也の音楽番
組・ジェットストリームのナレーションを思い出さずにはいられない。
「夜間飛行の夜の静寂(しじま)のなんと饒舌なことでしょうか」。
   冬の星座に吸い込まれる貴女の「今」の感動が伝わる。




2018年3月30日金曜日

「第13回俳句一草庵」の俳句募集!

「第13回俳句一草庵」の俳句を募集します。


     公開俳句大会「第13回俳句一草庵」を開催します

     山頭火終焉の地・一草庵での公開俳句ライブです。
    有季定型、自由律のジャンルは問いません。

    あなたの投句をお待ちしています。


   公開俳句大会「第13回俳句一草庵」は、
         平成30年4月29日(祝・日)
         (開催時間:13:00~16:00)
 松山市御幸1丁目の草庵広場」で開催します。

【俳句募集要項】

  ・ハガキ、FAXに1枚に一人2句まで(未発表作品)。
 ・住所、氏名、年齢、電話。小中高生は学年を明記。
 ・有季、定型・自由律のジャンルは問いません。
 ・投句用紙には、こだわりません。

 〈投句締切〉 4月13日(金) 〈投句料は無料〉

 ・各俳句賞は、一次選考の中より、当日公開選抜します。
 ・入選句は新聞に掲載、記念品あり。





 応募先】  〒799―2651
         松山市堀江町甲1615―3
         NPO法人まつやま山頭火倶楽部 

                      電話 090‐6882‐0004
                           FAX 089‐978‐5959      

  メールでも、お受けいたします。
      メールアドレス ootakzh@tiara.ocn.ne.j

2018年3月10日土曜日

3月10日の『山頭火お餅奉納会』です。

3月10日は、『一草庵・山頭火の日』です。
お餅をつき、『山頭火お餅奉納会』を行いました。
松山での最後の山頭火さんの面倒をみられた高橋一洵さんの「山頭火を偲ぶテープ」を皆で聞いて、般若心経を唱えました。
テープにより、ありし日の山頭火さんのこころのやさしさを再認識しました。
一洵翁のご子息・高橋正治さんが山頭火の軸を掛けてくれました。
大きな葉の絵は、一洵さんです。

 しきりにおちる大きな葉かな  山頭火

今年も市川先生率いる愛媛大学教育学部音楽専攻の仲間たちが、「山頭火と遊ぼうコンサート」を開催してくれました。アルプスホルンの音色が春を呼んでくれました。
留学生の参加もあり、国際親善ができました。








2018年3月4日日曜日

3月10日は「一草庵・山頭火の日」です!

3月10日は、「一草庵・山頭火の日」です。

お餅つき、山頭火コンサートを開催します。


是非、お参加ください。



 ※山頭火お餅奉納会の時には、山頭火のお話を聞いていただきます。
 晩年をお世話した高橋一洵さんの声を聞きましょう。

 ※愛大の音楽部の方が、沢山来て演奏してくれます。<13:00~14:00>
 恒例になりました。アルプホルンの春の音を、是非お聞きください。





 
  

2017年12月15日金曜日

『第24回山頭火俳句ポスト賞』の表彰!



今日12月15日は、山頭火の一草庵入庵日です。
山頭火の遺品「鉄鉢」を展示しています。
あわせて、「第二十四回山頭火俳句ポスト賞」の表彰式を行いました。                                             一

一草庵の「山頭火俳句ポスト」に投句された俳句は、134句。
(内、県外句は十七句。)藤沢市、横浜市、東京都日野市、埼玉県鴻巣市、四国中央市、ポーランド・ワルシャワ等。各選者の先生に優秀句を選ん
でいただきました。 (投句期間 平成二九年六月一日~十月三一日)
                      
山頭火俳句ポスト大賞
来た道も行く道木の葉降りしきる   松山市 岩崎美世

【評】決して平坦ではなかった「来た道」、しかし、それも「行く道」であったはずで、振り返ると木の葉が盛んに降っている。「木の葉降りしきる」のフレーズが、映画のワンシーンのような効果と共に、来るべき春への再生をも想像させる。(白石)

山頭火一浴一杯賞
水注ぐ土魂プクリと涼を飲む      松山市 亀井紀子 

【評】カラカラに乾いた土魂だったのだろう。水を注ぐと土魂はまるで水を待っていたかのように、人間で言うと、ごくごくと水を飲むように、土魂は「プクリ」と水を吸い込んだのだ。それを「涼を飲む」と結句で締めたところはベテランの味がする。「プクリ」という発想もおもしろい。オノパトペをうまく使っている。一浴一杯のお酒を土魂に捧げたい。(本郷)

山頭火柿しぐれ賞
捨聖追うてどんぐりころがれり    松山市 水口俊幸  【評】「捨聖」といわれると、すぐに一遍を連想するが、山頭火もまた
「捨聖」と呼んでいいだろう。どんぐりに慕われる聖は山頭火こそふさわ
しいかもしれない。「柿しぐれ賞」に相応しい作品である。(小西)

小西昭夫選
【特選】
 逆打ちの遍路に出逢ふ登校日  松山市 楠本 たけし

【評】逆打ちのお遍路さんは、より大きな願いや惑い、苦しみを持って札所
を回っているに違いない。そんな逆打ちのお遍路さんに登校時に出逢ったの
だ。朝早くから逆方向に向かうお遍路さんに出逢って若い作者(おそらくは)
は人間のもつ闇に思いが及んだのだ。

【入選】
 炎帝や赤い音来る救急車       松山市 太田辰砂

【評】「炎帝」は夏を司る神のことだが、ギラギラした太陽を思わせる。
事故か急病人か。炎暑の中を赤色灯を点灯し「ピーポーピーポー」とサ
イレンを鳴らしやって来る救急車。それを「赤い音」とは見事な表現だ。

白石司子選
【特選】
 風音に百の詩あり草紅葉      松山市 大川忠男

【評】日常の喧噪を離れ「風音」に耳を傾けると、心情に寄り添うようにある「百の詩」。手の届きそうにない「千」とか「万」ではなく、「百」としたところがこの句のいいところで、田の畔や土手の上などに色づく身近で美しい「草紅葉」とうまく響き合う。

【入選】
 一の湯二の湯三の湯ならぶ雲の峰  松山市 渡部秀美 

【評】作者の眼前にあるのは温泉、それとも雲の峰、それによって解釈はわかれるが、一の湯二の湯三の湯とならぶ温泉から湧く湯けむりを「雲の峰」のようだと見立てた句とみていいだろうか。一、二、三の数詞がリズムを、また、雲の峰との響き合いが、地上の温泉から温泉をではなく、天上の雲から雲へと心ゆくまで堪能している姿を想像させる。


本郷和子選 
【特選】
 秋螢ハットを被り昇天す        松山市 太田辰砂

【評】八月に亡くなられた山頭火倶楽部理事長の熊野伸二さんへの追悼
句であろうか。いつもおしゃれに帽子を被り紳士そのものだった。氏の
遺影もこの帽子姿であった。螢は、最後に天へ昇ってから死すという。
今頃、熊野さんは天上にて、俳句ポストの選をしておられるかも知れない。

【入選】
 三日月に腰かけて見る宇宙かな   四国中央市 星川さと子
 
【評】まるでメルヘンである。このような句は、柔軟な発想力と若々しい感性を持つ人でないと作れない。この句は、俳句として「三日月」というきちんとした季語も入っている。写生一辺倒な俳人には理解できないだろう。俳句もまた詩である。目をつむれば、壮大で、青くて暗い宇宙に浮かぶ三日月にチョコント腰をかけている作者が見えてくる。

 まつやま山頭火倶楽部賞
 柿の実も私を迎う一草庵     ポーランド 梅田アグニエシカ

【評】飾った言葉を何一つ使わず、秋の一草庵を訪ねた清純な気持ちが伝わってくる、一草庵の柿にウインクしているようだ。「もの」から「姿」が見えてくる。作者は誰だろう。ポーランドのワルシャワ大学で日本語を教えていたという素敵な女性だった。俳句結社『葛』(師系・高野素十)の俳人で、ポーランドでも句会を開催してるそうだ。一草庵のシンボル・象徴たる柿の実が心をひとつにしてくれた。




2017年10月28日土曜日

『山頭火一草庵まつり』報道


10月9日開催された『山頭火一草庵まつり』の報道について
報告しておきます。

 愛媛新聞記者:宇都宮里恵さんが取材、記事として取り上げてくれました。

 愛媛CATVの小田絋代さんが取材、たうんニュースで紹介してくれました。


新村さんがビデオ撮影撮影してくれた「山頭火一草庵まつり2017」が
愛媛CATVで、一時間番組で放映されています。ご覧あれ!
 10月27日、10月28日、11月1日。



『山頭火一草庵まつり』の報告

報告が遅くなってしまいました。
山頭火の命日10月11日を記して、沢山の方に参加してもらおうと、
毎年その前の日曜日に、「山頭火一草庵まつり」を開催しています。
今年は、10月9日。
①9時から、山頭火一草忌を。
 うどん供えて、母よ、わたくしもいただきまする 山頭火
”うどん供養”を行いました。
②続いて、午後1時より、「山頭火検定」を、第8回を迎えます。
③午後3時から、山頭火に捧げる「箏の調べ」コンサートを行いました。
 箏演奏者・白方岳さんが、山頭火に思いを込めて、
 山頭火の俳句に曲をつけてくれました。
 また、横山妙蓮さんは、山頭火の人生を踊りにして、ご披露してくれました。
愛媛新聞社、愛媛CATVが取材に来てくれました。
 写真で、報告させていただきます。



うどん供養


第8回山頭火検定


山頭火奉讃・箏の調べ








山頭火踊り



 愛媛CATVのたうんニュースです。

2017年9月27日水曜日

2018年山頭火カレンダー

山頭火ファンの強い要望があり、2018年度の「山頭火カレンダー」ができた。
山頭火の命日に因んだ「山頭火一草庵まつり」で、ご披露する。
限定60部。ワン・コインの500円。
山頭火まつり参加者に、一草庵で販売、是非お越しください。












10月9日の山頭火検定受験者の合格対策法座も実施した。
よく勉強されている人ばかりで、沢山の質問がでた。